マッサージです

健康マッサージ

22
Ma
マッサージが今人気です
22.05.2016 22:05

マッサージは、人体の血脈や経絡などを把握して、効果的に刺激する、それなりの実践教育が必要な高度な技術である。参考までに国家公認資格はマッサージ協会や視覚障害者の特別な学校で2年の課程を経なければならず、そうしなければ取得することが出来ない。だからマッサージ師の国家資格は、かなり難しい。他はマッサージの団体でくれる修了証である。国家資格と民間資格の違いがある。一昔前、何回か授業だけ聞いて、マッサージの民間資格を乱発して、問題に​​もなった。

非視覚障害者は、スキンケアの資格でマッサージを施術するため、実質的な処罰はほとんどない。

だからといって非視覚障害者のマッサージ施術が合法的なものではない。


マッサージは、緊張した筋肉を弛緩させてくれるものであるだけに、非常に難しく場合によっては、脱臼したりする場合もあるので注意しよう。

筋肉がひどく疲労していたりして、全身の疲れが多くたまっていたりすると地獄を見ることもある。受ける人のほとんどは、出したお金の分だけ癒されたいものだ。もちろん、施術が終わった後、全身がすっきりしているのが理想だろう。マッサージをした挙句、肩が鉄のように重くなってしまっては、元も子もないだろう。

価格帯は、部位別、2〜30分のコースが約3000円が相場である。激安店だと、60分3980円だ。

そこに様々なオプションがつくで価格がどんどん上がる。

しかし、全身のマッサージは、施術者にとって、明らかに多くの体力を要する仕事であるため、垢すりと同様と考えてみましょう。海外であれば、日本人観光客を相手に風俗エステなどの看板を掲げて、外貨稼ぎにいそしむ者もいる。


国内では、マッサージを受けることに拒否感を持つ人がいるが、一方では、中流家庭でも、ほぼ毎日マッサージを受ける。ほんの少し身体の凝りを感じたから、激しい運動をしたから、と当然のように行く。

これは、マッサージへ抵抗感が少ないという理由もあるが、基本的に小規模店が多く便利で、価格も安いからである。一度のマッサージで、通常3000円で、全身のマッサージも6000円程度である。施術者と親しい常連である場合、より安く受けることも可能だ。ただし、国内も本格的に企業化されてブランド化されたマッサージ店はかなり多い。最近では、もみほぐしというジャンルもでき、大勢の人が通っている。


最近では出張型もある。岡山 出張マッサージ。ビジネスマンは出張マッサージがすきだ。


海外の場合は、価格が高く、アメリカの場合75分コースが12000円ぐらいであることが多い。これは、米国のマッサージスクールの大半が、高価な授業料で、スクールの修了証明書を受ける条件が厳しいことで、マッサージ師の数が少ないからである。しかも、健康や美にたいする意識が高いお国柄だから、最終的には価格が高くなるしかない。

マッサージを自動でしてくれる機械もある。マッサージチェア。全身をマッサージしてくれる椅子や首の部分だけをしてくれる機械や足の部分だけをしてくれる機械など。目的に応じて見た目や使い方も千差万別であり、価格も違う。機械の場合、人に施術してもらうものとは違い、案外抵抗なく使用することができ、必要ないつでも使用でき、操作に必要な電気以外の追加料金なしで利用することができ、好きな場所で利用できるなどの利点も多いが、人が施術するほど精密なものではなくて、人の体質に合う合わないがあり、効果があまり良く感じられないこともある。そして、誤って使用する人を痛い目を見る場合もあるので、気を付けよう。

定期的にマッサージを受けるお金も時間もないという人であれば、フォームローラーを推薦する。人に施術してもらうように微細な部分までマッサージは受けることができませんが、3,4万円程度の価格でふくらはぎ、太もも、ウエスト、ヒップ、などなどの全身をマッサージしてくれます。

脂肪は、脂肪の部位の温度が他に比べて低い。マッサージ師の中には、脂肪部位をマッサージすれば、血液の循環を助け、セルライトも減少すると主張する。しかし、科学的・医学的に、この主張を裏付けものは、存在していないらしい。

 


Create your free website at Beep.com
 
The responsible person for the content of this web site is solely
the webmaster of this website, approachable via this form!