マッサージです

健康マッサージ

22
Ma
男性ホルモン利用
22.05.2016 21:45

男性ホルモン利用で若返り実験成功
米国の12機関が高齢者を対象に試験しました。
65歳以上の高齢者に、男性ホルモンであるテストステロン療法を実施した結果、生殖能力と歩く能力、心理的な気分が向上することが分かった。そういった研究結果が最近発表された。これにより、テストステロンが「現代版冬虫夏草」の役割をするのではないかと期待を集めている。

米国ペンシルバニア大学医学部をはじめとする米国内の12の医療機関は、米国国立衛生研究所(NIH)の支援を受けて、全体の7つの「テストステロンの臨床試験」の性機能と身体機能 、活力などの3つの分野の臨床試験を実施し、このような結果を得たと「ニューイングランド医学ジャーナル」に最近発表した。

テストステロンは、人や哺乳動物の睾丸から分泌されるステロイドホルモンで睾丸や前立腺などの男性生殖組織の開発をはじめ、筋肉や骨量、体毛の成長のような2次性徴を​​表す重要な役割を果たしている。骨粗しょう症の予防など、基本的な健康を維持するために必要な要素として挙げられる。

通常、成人男性のテストステロンのレベルが、女性に比べて7〜8倍高いこのホルモンは、女性にも重要な役割をすることが知られている。年齢とともに分泌が悪くなっていく。それに応じて、性機能低下、活力の減少などが顕著になるので、医学界では、高齢化対策として、この数値を高めるための研究を続けている。

性機能全体的に改善されて、身体能力も向上

研究チームは、テストステロン療法が対象高齢者の血中テストステロン値を若者の中間正常程度上げておいた、性的活力や欲望、勃起力などすべて、性機能が強化されたと明らかにした。

6分間離れて歩くことから、身体能力試験対象として登録された人たちは、特別な改善を見せなかったが、TTrialsに参加したすべての人々を対象にしたときは、この能力も強化されたことが分かった。また、この治療を受けて精力が盛んに支持はなかったが、気分が良くなって抑うつ症状も改善されたことが分かった。

TTrialsの主研究者であるペンシルベニア大学医学部内分泌および糖尿病代謝学部ピーター・スナイダー教授は、「今回のTTrialsの結果は、初めてこの療法がテストステロンのレベルが明らかに低い高齢者に役立つということを示している」とし、「このようにテストステロンのレベルが低い人々には治療を行うかどうかは、認知機能と、骨、心血管系、貧血など他の4つのテーマの臨床試験の結果と一緒に、この療法に伴うリスクを考慮して決定されるだろう」と語った。

5万人のうち790人選んで12つの機関での臨床試験

2003年に医学の研究者は、このような療法がテストステロン値が低い人に対して効果があるかは証拠が不十分で結論を出すことは困難レポートを出したことがある。このレポートは、大規模なTTrialsを実行するきっかけとなった。 TTrialsは、他の要因を除いて年齢によってテストステロン数値が減る65歳以上の高齢者には、治療が効果があるかを調べる、現在ではこの分野最大規模の臨床試験である。

TTrials研究者は、5万1085人の高齢者のうち、テストステロン値が低く条件に合致する試験対象者790人を選抜した。試験対象者は、二つのグループに分けたグループは、一年間、毎日テストステロンゲルを服用して、他のグループは、成分がないプラセボ(僞藥)を取っていた。次に、3ヶ月、6ヶ月、9ヶ月、12ヶ月ごとに効果を測定した。性機能するかどうかと活力、気分、うつ病相のアンケートで、身体機能は、アンケートと6分の間の距離歩くことに評価した。

3つの臨床試験で心臓発作や脳卒中などの心血管系の副作用と前立腺関連の副作用はテストステロンを服用した人や偽薬を服用した人や、すべてだった。しかし、テストステロン療法の危険性を判断するには、対象者が少なすぎてスナイダー教授は「さらに規模が大きく、長期的な臨床試験が必要である」と述べた。

今回のTTrialsは、米国内ではイェール大学医学部、カリフォルニア州サンディエゴ大学医学部、ハーバード大学医学部の敷設ブリガム・アンドウィメンズ病院など12の機関が参加した。

医学的な回春ですね。岡山 回春民間療法なら、回春マッサージになるでしょうか?

 


Free website powered by Beep.com
 
The responsible person for the content of this web site is solely
the webmaster of this website, approachable via this form!